栄養分をたっぷり蓄えた椿が食用油として味わえます。

宗像市地島には天然ヤブ椿の群生があります。

降り注ぐ太陽と潮風で生成された山の養分を吸収した椿の実が、10月中旬地面に落ち始めます。山の斜面に立つ椿の木は、どれも立派に成長していて、巨木となっているものもあります。枝になっている実を竿で振り落とすのも一苦労。足場の悪い斜面での作業が一日ずっと続くのだそうです。

敷地内を手作業で拾い集め庭先で乾燥させると実が割れるので、中から種を取り出して2週間ほどかけて十分に乾燥させます。ここで十分に乾燥させることが、質のいい椿油を抽出できるポイントだそうです。乾燥した種を各家庭ごとに麻袋に入れて、精油加工場に持ち込みます。

この作業場では、非加熱の専用機械で絞る作業を行います。圧力をかけながら種を潰していくと、粘りのある油がゆっくりと流れてきます。椿油はスキンケアとして使用されることが有名ですが、島ではこの椿油は食用として使われており一般の食用油と同様にご利用いただけます。昔は、家の木材の手入れなどにも使われていたそうです。

商品のご購入はこちら